薬木

ユズリハ(譲葉)別名:ショウガツノキ

山地に自生する常緑高木。高さ10m。幹は直立し、葉は枝先に叢生する。

葉身は長さ10~20cm、狭長楕円形で全縁、質は厚く葉表は深緑色で光沢があり、裏面は粉白色。赤色を帯びた長い葉がエ柄がある。葉は2年余りで落葉する。初夏に新葉が開き。1年葉、2年葉とともに段をつくる。

5~6月、一年葉の葉瞼に長さ5cmほどの総状花序をつくり、黄緑色の花をつける。ガク片はほとんど見られない。花後、楕円体の液果が暗青色に熟す。

ユズリハ(譲葉)別名:ショウガツノキ

ユズリハ科ユズリハ属

ユズリハの分布

本州関東地方~沖縄

ユズリハの期待できる効能

樹皮、葉:皮膚病、家畜・ペットの寄生虫駆除

ユズリハの使用法

必要に応じて樹皮、葉を採取して日干しにする。

しらくもなど寄生性の皮膚病には、乾燥した樹皮あるいは葉10gをカップ3の水で半量になるまで煎じ。かすを取り除いた後、煎じ液で患部を洗浄する。

ノミやダニなど家畜やペットの寄生虫駆除にも同様の煎じ液で洗浄する。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-,