薬木

ニガキ(苦木)別名:クボク

各地の日当たりのよい山野に自生する落葉高木。高さ10mほどになる。若枝は赤褐色。新芽は裸芽(らが)で赤褐色の短毛が密生する。

葉は互生し、長さ20~30cmの奇数羽状複葉。小葉は膜質、卵形あるいは卵状長楕円形で先が尖り基部は広いくさび形。縁に鋸歯があり、長さ4~10em。雌雄異株。

初夏、葉腋に集散花序をつくり、小さな黄緑色の花をつける。果実は核果で長さ6~7mmの倒卵形、紅色あるいは濃青色などに熟す。

出典 hamabou.sakura.ne.jp/home/

ニガキ(苦木)別名:クボク

ニガキ科ニガキ属

ニガキの分布

北海道~九州

ニガキの期待できる効能

木部:健胃

ニガキの使用法

6~7月、枝を切り、樹皮を剥ぎ取って、木部を輪切りにしてさらに縦に刻んで、日干しにする。これを苦木(くぼく)とよぶ。

健胃薬として、乾燥した木部5~10gをカップ3の水で半量になるまで煎じて1日量とし、3回に分けて毎食後に服用する。乾燥した木部を粉末にし、0.2gを1回量として毎食後に服用してもよい。

木部の代用として葉を日十しにして用いてもよい。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-