薬木

トチノキ(栃、橡)別名:トチ、トチグリ●

九州の中央部までに分布し、山地の渓谷に沿った湿潤な上地などに見られる落葉高木。高さ35m、直径4mになるものもある。幹の樹皮は黒紫褐色で、外層を剥がすと波状の模様が現れる。

枝は太く張り人きな樹冠を形づくる。葉は長い葉柄をもち対生、小葉は柄がなく5~7枚、倒披針形で縁に鈍い鋸歯がある。

5~6月、その年に仲びた枝頂に雄花と両性花からなる円錐花序をつくり、白色で基部が淡紅色の斑のある4弁花が開く。秋、外面にいぼ状突起がある径約4cmで球形のさく果が実り、3裂して1~2個の丸い褐色の種子を出す。

By: K M

トチノキ(栃、橡)別名:トチ、トチグリ

ムクロジ科トチノキ属

トチノキの分布

北海道南部~九州

トチノキの期待できる効能

種子:しもやけ、水虫、たむし

トチノキの使用法

秋、落下した種子を集め、日干しにする。

水虫、たむしなどには乾燥した種子を粉末にしたものと、同量の●センブリ全草粉末●を合わせて、水で濃く煎じ、その煎じ液で患部を洗浄する。

しもやけには、乾燥した種子の粉末を水で練って患部に塗る。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-, ,