薬木

クマヤナギ(熊柳)別名:クロガネカズラ

各地の山野に自生するつる性落葉植物。高さ約6m。ほかの植物を覆いながら傘状の樹幹をなし、樹皮は紫褐色。

枝は無毛で緑色、葉は卵形、あるいは長楕円形で縁に鋸葉はなく、側脈がはっきりしていて、斜土し縁で内側に曲がる。葉裏は白色を帯びる。

7~8月、枝の先に円錐花序をつくり、緑色を帯びた白色の小さな花を多数つける。花後、大きさ5~7mmで楕円形の核果が実り、緑色から赤、さらに黒色に変化しながら熟す。

 出典 soragaaoi.cocolog-nifty.com/blog/

クマヤナギ(熊柳)別名:クロガネカズラ

クロウメモドキ科クマヤナギ属

クマヤナギの分布

北海道~九州

クマヤナギの期待できる効能

茎、葉:解熱、利尿、解毒、腰痛、リウマチ

クマヤナギの使用法

夏~秋にかけて茎、葉を採取し、日干しにする。

解熱、利尿、解毒、腰痛、リウマチなどには、乾燥した茎、葉6~12gをカップ3の水で3分の1量になるまで煎じて1日量とし、3回に分けて服用する。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-, , , ,