薬木

アオギリ(青桐、梧桐)

中国原産とされる落葉中高木。高さ10~15m、直径30~60cmほどになる。本州の一部、四国。九州の暖地では野生化したものも見られるが、ふつう庭園樹や公園樹、衝路樹などとして植えられる。

小枝は太く、葉は大形で互生、枝先に集まってつく。葉柄は長さ10~30cm、葉身は直径15~30cm。基部が心臓形で、掌状に3~5裂する。雌雄同株。

6~7月、枝端に大形の円錐花序をつくり、黄緑色をした小さな雄花と雌花をつける。果実は袋果。熟す前から5裂して開き、各裂片の縁に径6mmほどの球形の種子を数個ずつつける。

アオギリ(青桐、梧桐)

アオギリ科アオギリ属

アオギリの分布

外来種

アオギリの期待できる効能

葉:小さな傷の止血、高血圧症

アオギリの使用法

初夏、葉を採取し、口干しにする。

小さな切り傷の止血には、乾燥した葉を粉末にして患部につける。

高血圧症には、乾燥した葉10gをカップ3の水で半量になるまで煎じて1日量とし、3回に分けて服用する。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-,