薬木

ハリブキ(針蕗)別名:クマダラ

亜高山帯の針葉樹林内に自生する落葉低木。日本特産植物。幹は多くの場合直立してほとんど枝分かれせず、高さ1m以下。針状のトゲに密に覆われる。

葉は円形または心円形で大きく、径20~40cm、縁に不揃いの掌状の切れ込みがあり、裂片には鋭い欠刻様重鋸歯がある。葉両面の脈上や葉柄には針状のトゲがある。

6~7月、茎の先端に円錐花序をつくり黄緑色で小さな5弁花をつける。花後、長さ6~7mmでやや長円形の果実が赤く熟す。

ハリブキ(針蕗)別名:クマダラ

ウコギ科ハリブキ属

ハリブキの分布

北海道、本州中部地方以北・紀伊半島、四国

ハリブキの期待できる効能

根:解熱
果実:利尿

ハリブキの使用法

夏、根を採取して、水洗い後細かく刻み、風通しのよい場所で陰干しにする。秋、果実を採取して日干しにする。

解熱には、乾燥した根5gをカップ2の水で半量になるまで煎じて1回量とし、服用する。

むくみのあるときの利尿には、乾燥した果実3~6gをカップ3の水で半量になるまで煎じて1日量として、3回に分けて服用する。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-,