薬木

ニワトコ(庭常)別名:夕ズノキ、ヤマ夕ズ

各地の山野のやや湿った場所に白生する落葉低木。庭木として植えられたり切り花にもされる。枝には太くて柔らかい髄がある。葉は羽状複葉で小葉は5~7枚。

4~5月、若い枝先に、淡黄色の花を円錐状に集めてつける。夏、液果が赤く熟す。

ニワトコ(庭常)別名:夕ズノキ、ヤマ夕ズ

スイカズラ科ニワトコ属

ニワトコの分布

本州~九州

ニワトコの期待できる効能

枝、葉:むくみ時の利尿、打ち身、ねんざ、あせも、かぶれ、湿疹、神経痛

ニワトコの使用法

7~8月、できるだけ細い枝を選び、葉とともに採取し、1cmほどの長さで輪切りにして、日干しにする。これを接骨木(せっこつぼく)とよぷ。

むくみ時の利尿には、乾燥した枝、葉10gをカップ3の水で半量になるまで煎じて1日量とし、3回に分けて服用する。

打ち身、ねんざなどには、乾燥した枝、葉20gをカップ3の水で半量になるまで煎じ、冷ました後に布を浸して患部を冷湿布する。

あせも、アレルギーによるかぶれ、湿疹、神経痛などには、乾燥した枝、葉300gを布袋に詰めて浴槽に入れ、入浴剤とする。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬木
-, , , , ,