薬草

ツユクサ(露草)別名:キクサ、ホタルグサ

日当たりのよい、やや湿り気のある空き地や道ばたに生える一年草。茎が横に這って伸び、ところどころにある節から根を出して、枝分かれしながら繁茂する。葉は2列で互生。

ツユクサ(露草)別名:キクサ、ホタルグサ

ツユクサ科ツユクサ属

ツユクサの分布

日本全土

ツユクサの期待できる効能

全草:解熱、下痢止め、扁桃腺炎やのどの痛み、湿疹・かぶれ

ツユクサの使用法

8~9月、葉に向かい合うように出た短い花柄に。黄緑色の2枚の苞(ほう)に包まれた青い花を咲かせる。開花期に全草を刈り取り、水洗いした後、日干しにする。これを鴨跖草(おうせきそう)という。

解熱には、乾燥した全草4~6gを、カップ1半の水で半量になるまで煎じ。これを1回量として飲む。

下痢止めには乾燥した全草10~15gを、カップ3の水で半量になるまで煎じて、1日3回に分けて飲む。

扁桃腺炎やのどの痛みには、全草15gをカップ3の水で半量になるまで煎じ、その液でうがいをする。

湿疹・かぶれには、うがい液と同じものを冷まして冷湿布に用いる。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-薬草
-, , , ,