ウコンで病気改善

うつ病 と春ウコン

ウコン コンテンツ一覧

うつ病になるしくみ

うつ病は、脳内のモノアミン(神経伝達物質)の働きが低下することによって発症するといわれています。

そもそも、人間の思考や感覚は、脳の神経細胞である『ニューロン』の働きによって左右されています。

ニューロンの数は大脳だけで、120億から150億個、小脳を合わせると、1150億個あると言われています。

それらのニューロンが緻密で繊細な人間の脳の情報伝達網を作り上げているのです。

各ニューロン同士の間には約2000万分の1ミリのすきまがあり、シナプスと呼ばれる連結部で繋がっています。

このシナプスを介して各々のニューロンは信号のやりとりを行っています。

そしてその伝達を担っているのがモノアミン(神経伝達物質)です。

シナプスの間のすきまに放出されたモノアミンが次のニューロンに刺激を与えて、信号はニューロンを通して伝わっていく仕組みとなっています。

たとえば指を切った時、その痛みの情報は電気信号に変えられて、抹消神経を通って脳へと送られます。

その電気信号がニューロン(神経細胞)内にあるシナプスを刺激すると、シナプス小脳に詰まっているセロトニン、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどのモノアミン類(神経伝達物質)が飛び出してくるのです。

ニューロンAから放出されたモノアミンを受容体であるニューロンBが受け取ると、再び電気信号が発生して、ニューロンからニューロンヘと痛みの情報が伝えられていきます。

やがてその情報が脳の感覚野と呼ばれる部分に至った時に、人間は「痛い」と感じることができるのです。

痛みだけでなく、人間の思考や感情はニューロン同士の間で情報伝達がスムーズに行われることによってコントロールされているのですが、モノアミンが充分に分泌されず不足していると、その働きが低下します。

低下すると、情報伝達がうまくいかなくなって、やる気と気力がなくなり、うつ病を発症させると言われているのです。

シナプスのすきまに放出されたままのモノアミンは放っておけば、酵素によって分解されたり、もとのニューロンに再度取り込まれてしまいます。

西洋医学で用いられている抗うつ剤を服用すると、モノアミンがニューロンに再度取り込まれるのを阻害して、シナプスのすきまにモノアミンを蓄積させ、モノアミン不足を解消させることができるのです。

西洋医学においてうつ病を発症するメカニズムは、以上のようにモノアミン不足によって起こると考えられていますが、なぜ起こるかまでは解明されていないのが現状です。

漢方ではうつ病にウコン

中国医学に使用されている素材は、そのほとんどが約2000年前に選別され、素材選びは数百年前に完了しています。

中国医学に使われる素材のほとんどは、植物と動物を乾燥させた、いわゆる漢方です。

漢方の考え方を用いれば、うつ病を発症してしまうのは、人体を正常に整えるための何かが不足しているのです。

うつ病の発症、再発を防止するためには、漢方によって何を身体に補えばいいのか?

その漢方とはウコンでした。

なぜウコンがうつに利くのか、医学的根拠はこうでした。

「クルクミンがモノアミンを増やす」

ウコンを飲めば、うつ病患者のモノアミン不足が解消できる。

ウコンの主成分であるクルクミンを体内に取り入れると、身体中の神経繊維の束にあるクロム神経節と呼ばれているでっぱりからアドレナリンが放出されます。

アドレナリンはセロトニンとともに、人間の睡眠・食欲・感情に大きく影響しているモノアミン類のひとつです。

そして脳内でもアドレナリンの数は増え、その濃度は上がります。

ニューロンAからニューロンBへと放出されたモノアミンの取り込みが悪くても、脳内のモノアミンの量を増やすことによって、取り込まれる率が高くなるというのが、小菅卓夫博士がたてた仮説です。

なぜクルクミンがアドレナリンを引き出すのか、その理屈は解明されていませんが、クルクミンを摂取すればアドレナリンの血中濃度が上がることは、静岡県立大学薬学部において動物実験が行われ、科学的にも証明済みです。

ウコンの主成分であるクルクミンが、肝臓障害に有効な物質であるということは周知の事実です。

クルクミンがアドレナリンの血中濃度を上げ、その結果、セロトニン、ノルアドレナリンといったモノアミン類をも増加させるといった事実はまだ知られていないものです。

ですが、古来から中国医学においては、ウコンは意識障害や精神分裂症など、肝臓以外の札椎障害を治癒するための漢方としても服用されているのです。

また、うつ病の歴史を調べてみると、ウコンとうつ病の接点は意外なところにありました。

うつ病の歴史はかなり古く、およそ2400年前の古代ギリシヤ時代に医学の祖であるヒポクラテスが、体液の中に黒い胆汁が誉帯しておこるのが、うつ病であるという有名な病因論を説いていたのです。

黒色胆汁症がメランコリーー、つまり現在の憂鬱の語源となっています。

物質の鬱帯は、気血水のうち、肥の機能低下を示しています。

そこで漢方の文献の水の項目を検索していくと、薬理作用に、胆汁の分泌、排泄作用、利尿という効能が記載されているのは鬱金(ウコン)であったのです。

また、ウコンの鬱は、うつ病の鬱でもあったのです。

注目したのは、春ウコン

うつ病治療の際に服用するウコンは、ウコンなら何でもいいというわけではありません。

ウコンとは、ショウガ科に属する多年草で、原産地はインドとされています。洋名はターメリックで、カレー粉に入っている黄色いスパイスのことです。

インドの伝統医学である『アユールヴェーダ』の5000年前の文献に登場するほどその歴史は古く、優れた効能を持つ薬草として古くから珍重されてきました。

インドが原産地のウコンですが、現在では世界中で五十種ほどが認められ、インド、アジア、中南米などの熱帯地方から亜熱帯地方にかけて、広く自生分布し、栽培されています。

わが国でも栽培されていて、日本の主な原産地は、沖縄、鹿児島県本土、奄美大島、屋久島です。

その中で注目したのは、春ウコンでした。

春ウコンが伝わった正確な経緯や年代は不明ですが、その歴史は古く、琉球王朝時代から幅広い効力を持つ薬草として珍重され、王朝の専売品にまでされていたほどです。

王朝の終焉とともに一時は人々の記憶から忘れ去られたウコンですが、1960年代頃から再び注目を集め取り組みが始まりました。

緑茶でウコンの効果を上げる期待

次にウコンを服用する際の注意点に触れてみたいと思います。

服用する時間は経験上、起床時が一番効果的ですが、決まった時間に服用すれば、食後でも就寝前でもいつでもかまいません。

ただ服用後に濃い緑茶を飲んでください。

緑茶のテアニンという成分と、血液中のGABA(ガンマアミノ酸)が合体することで、本来なら脳のバリアに阻まれて入れないGABAが脳内に入ることが出来ます。

うつ病の要因はセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の欠乏だといわれていますが、GABAが脳内に入ることで、セロトニンやノルアドレナリンの脳内生産を増加させ、ウコンの成分であるクルクミンとの相乗効果が得られるからです。

繰り返しますが、ウコンは健康食品ですので副作用はありません。

ですが、ウコンは気血水のうち水の作用(老廃物の排泄作用)が強力なため、服用していると喉が渇き、発汗量、尿量ともに増加します。

人によっては下痢をすることがありますが、その場合は服用量を通常の3分の1に減らせば下痢は治まります。

治まったらまた徐々に量を増やしていくように服用の加減を調整してください。

同様に、胃が弱っている人が飲むと、胃が荒れてしまう心配があります。

胃腸が弱い、弱っていると自覚している人は最初から量を減らして調整するか、空腹時を避けて服用するよう気をつけてください。

うつを疑ったら、とりあえずウコンを飲んでみる

ウコンを飲むタイミングですが、現在、うつ病を患っている人、医師からの診断は受けていないが自分でうつ病ではないかと疑っている人の、どちらの人も、とりあえずウコンを飲んでみてください。

それでもよくならなければ病院へ行ってください。

すでに医者に掛かっている人も、副作用のない向精神薬との併用であれば、ウコンを服用してみてください。

抗うつ剤、抗不安剤、精神安定剤と併用しても問題はありません。

ウコンが効けば、ウコンと従来の向精神薬が効果を現わしてきて、うつ状態から早く抜けるようになるでしょう。

それから、主治医にウコンを服用し始めたことを話しても理解されないことが予想され
ますので、話さない方が賢明です。

そしてこれは重要なことですが、うつ病が回復した後でもウコンは飲み続けるようにしてください。

ウコンは漢方を元にした健康食品です。

肝臓、腎臓、高コレステロール、血圧、美肌にも有効ですので、心身ともに体調がどんどんよくなっていくのが実感できます。

うつの再発予防と健康維持にウコンを飲み続けよう

うつが軽い人ほどウコンは効きやすく、無気力感や倦怠感にとらわれていた人がウコンを飲んだおかげでいつのまにかよくなっているケースは多いようです。

ただ疲れていただけなのかも、という程度のうつ状態の人には、かなりの割合での効果を発揮しました。

ただし抗うつ剤にも効く人と効かない人がいるように、ウコンもすべての人に効果があるとは言えませんが、飲んだことがない人には可能性を信じてぜひ試していただきたいのです。

関連コンテンツ(レスポンシブ)

-ウコンで病気改善